トップページ > 設備紹介

設備一覧equipment

全自動血球計算器

血液の一般状態を短時間で測定します。貧血や炎症などをみます。

生化学自動分析装置

スピーディーな即時検査で動物の腎臓や肝臓などの内臓の状態をみます。

レントゲン照射器

大型犬にも対応した高出力のレントゲン照射器。胸やお腹の中、骨などを全体的にとらえます。

富士コンピューテッドラジオグラフィ

デジタル画像処理X線診断システムで高画質なレントゲン写真で御説明します。

三眼顕微鏡

皮膚や尿、便の検査の時に使用します。顕微鏡で観察されるものをモニターに映し出して御説明します。

オリンパス内視鏡

胃や食道の中を直接的に観察します。異物を飲み込んだ時の摘出や胃内ポリープなどの早期発見に役立ちます。

超音波診断装置

当院の超音波診断装置はGE Healthcare社のVivid S5です。循環器専門機種であり心臓超音波検査に必要な機能が凝縮され高度な心エコー検査が可能です。また循環器専門機種でありながら体表臓器、腹部領域といった幅広い臓器も鮮明に描出が可能です。
心臓、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮などを安全でリアルタイムに観察することができます。初期の心臓病や肝臓腫瘍などの早期発見に役立ちます。

心電計

心臓拍動するときに微弱な活動電流が発生します。その変化をグラフの形に記録し、その乱れから病気の兆候を読み取るのが心電図検査です。不整脈の検出や心臓全体の働きを把握し心疾患の診断と治療に役立ちます。

ホルタ―心電計

長時間(24時間)の心電図波形を記録することが可能で、発作や突然倒れるなどの原因となる不整脈の有無を調べることが可能です。マッチ箱程度の大きさの装置に心電コードを付けたものを体に装着し1日過ごしてもらい検査します。

生体情報モニタ

麻酔中の動物の状態を細かく把握し完全に麻酔をコントロールします。

電気メス

小さな出血も止めリスクの小さな手術を行います。

気化器・人工呼吸器

ガス麻酔で完全な麻酔コントロールします。

超音波スケーラー

オーラルケアはこれからの必須項目。歯石を除去しきれいな口腔を保ちましょう。

同軸検眼鏡、パンオプティック検眼鏡

眼底を広く大きく観察する事が可能で眼底病変の診察を容易にしてくれます。 高血圧症や糖尿病、乳頭浮腫などによる眼底の状態変化も観察できます。

小動物用酸素濃縮器

動物用に関発された高濃度の酸素を作り出す機器です。 大量の酸素を供給でき、ICUケージや酸素マスクなど確実な酸素吸入が必要な場合に活躍します。

尿化学分析装置、デジタル尿比重計

一般尿検査はもちろん、微量アルブミン測定、尿中微量アルブミンクレアチニン比、 尿蛋白クレアチニン比の算出も可能で、随時尿でも精度の高い初期腎疾患スクリーニングが可能です。

自動分包機

衛生的な自動洗浄機能付き自動分包機。 錠剤はもちろん粉薬もスピーディーに分包できます。

マイクロバブルセイバー

5~50ミクロンのマイクロバブルを発生。またマイクロバブルの圧壊過程で発生するさらに細かなナノバブルも発生。これらにより毛穴よりも小さなミクロの泡が毛穴や汗腺の汚れを効果的に除去し、美髪効果、美肌効果、洗浄効果、温浴効果、癒し効果、保温効果があると考えられています。マイクロバブルセイバーは東京大学附属動物医療センターでも使用されています。

トノベット手持眼圧計

トノベット手持眼圧計は小動物専用に開発された眼圧計で、点眼麻酔の必要もなく、動物に優しい検査が可能です。わずか数秒で測定は終了し、信頼性の高いデータが得られます。これにより緑内障や炎症性眼圧低下などを検出できます。

富士ドライケムIMMUNO AU10V

今まで検査センターへの外注が必要であった甲状腺ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、副腎皮質ホルモン、総胆汁酸を高精度に院内で迅速に測定することが可能となり、より詳しい甲状腺機能検査、副腎皮質機能検査、肝臓機能検査ができるようになりました。

血液凝固分析装置COAG2NV

手術の前や遺伝性・二次性血液凝固異常疾患を疑う時に使用し、血液がしっかり固まり出血が止まるかどうかを検査する機器です。

サージカルルーペ

心臓外科や血管縫合など細かい手術や術野が深く明るいライトが必要な手術の時に使用します。通常の2.5倍~3.0倍に拡大され、また世界トップクラスの32000Lxという非常に明るいライトで術野を照らすことが可能で、血管や心臓などの手術をより安全に行うことができます。

空間除菌脱臭機 ジアイーノ

当院では空気清浄器ではなく空間除菌脱臭機を採用しております。空気中に浮遊するハウスダストや花粉の集塵を目的とする空気清浄器ではなく、空間内に浮遊する菌やウィルスだけでなく壁やドアノブなどに付着する菌やウィルスまでも抑制し、かつ非常に脱臭効果の高い次亜塩素酸空間除菌脱臭機を採用することで菌、ウィルス、ニオイ対策を本気で考えています。

スリットランプ(細隙灯顕微鏡)

スリットランプ(細隙灯顕微鏡)

角膜(前眼部)から眼底部(後眼部)までを光を当てながら拡大して精密に観察することができる、眼科診療では欠かすことのできない検査機器です。
眼瞼部疾患、角結膜疾患、虹彩疾患、水晶体疾患、硝子体疾患、網膜疾患など様々な疾患の検出に役立ちます。

スマホ表示へ切り替え

ページ上部へ戻る

池上アクア動物病院

Ikegami aqua dvm

東京都大田区池上4-24-14
クオーレ1階
(池上駅徒歩5分)
電話:03-6410-2208

地図を見る

診察時間

【月曜】
休診

【火曜~土曜
午前:9:00~12:00
午後:4:00~7:00

日曜・祝日
午前10:00~14:00

スタッフブログ

健康診断(ペットドック)

設備紹介

ワクチン接種 予防について

日本獣医循環器学会 獣医循環器認定医 認定証番号11003

池上アクア動物病院 患者様限定ネットショップ